【和楽器バンド×Gero】インタビュー第4弾!ボカロ曲は早口言葉が大変…意外な曲作りのエピソード

【和楽器バンド×Gero】インタビュー第4弾!ボカロ曲は早口言葉が大変…意外な曲作りのエピソード
◆新しい動画メディアhu-gee(ヒュージー)公式サイト↓

ヌークミルクローションって除毛スプレーの口コミが最高?!

伝統芸能とロックを融合させた和楽器バンドにGeroが迫るインタビュー第4弾!ボカロ曲は早口言葉が大変!和楽器は転調も大変!!など曲作りの苦労など貴重なトークを収録。

◆メンバープロフィール
Vocal:鈴華ゆう子 / 箏:いぶくろ聖志 / 尺八:神永大輔 / 津軽三味線:蜷川べに / 和太鼓:黒流 / Guitar:町屋 / Bass:亜沙 / Drums:山葵

—–
【Wagakki band×Gero】 The tempo of Vocaloid songs is pretty fast, and that makes it tough!

Gero interviews the band that’s causing a stir with their rock/traditional Japanese fusion cover of “Senbonzakura”.
There are various difficulties to deal with in songwriting. For instance, the tempo of Vocaloid songs is pretty fast, and that makes it tough. It’s also hard for traditional Japanese instruments to adapt to key changes.

■Kagerou Days “We played it on live”

■Member profile
Vocal : Yuko Suzuhana / Koto : Kiyoshi Ibukuro / Shakuhachi : Daisuke Kaminaga / Tsugaru jamisen:Beni Ninagawa / Wadaiko:KUrona / Guitar:Machiya / Bass:Asa / Drums:Wasabi




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)